脱毛

now browsing by category

 

カミソリでの脱毛できる?

お家で簡単にできる除毛方法といえばかみそりですね。
剃刀は安価で手に入りますし手軽に低コストで行えるものですが使用する際にはいくつか気を付けておかなければいけないことがあります。
まず、使用する際、なにもつけないお肌にそのまま剃刀を使用してはいけません。シェービングジェルやボディソープなどお肌との摩擦を減らしたりするものを使用しなければ、剃刀負けをしてしまうことがあります。
入浴中、体を洗いつつ除毛するのが良いのでしょうね。
また剃刀での除毛は手軽に行えますが、お肌表面の毛を剃っているだけなので毛が生えてくるのが早く頻繁に自己処理をしなければいけません。
除毛後、毛が生えてきたらちくちくして痛い事もありますし、除毛後の保湿ケアも欠かせません。
剃刀でのケアは一番簡単なものではありますが、そういったデメリットがありますので、少し面倒で時間がかかってしまっても、他の脱毛方法で脱毛を行った方が良いかもしれませんね。

剃刀やシェーバーでのムダ毛処理

剃刀やシェーバーでムダ毛処理を行っていてもすぐに短い毛が生えてきてしまいちくちくしたお肌になってしまいますね。
デリケートゾーンの自己処理でも同じように、処理をしてもすぐにちくちくしたお肌になってしまいますし毛が生えてくる際にかゆみを感じる方もいます、また色素沈着して黒ずんできてしまうかもしれません。
エステ店でデリケートゾーンの脱毛を行う女性が増えているのはそういった理由があるからかもしれませんね。
デリケートゾーンに限らず、脱毛を受ける時にはエステ店などの脱毛施術を行っているお店をしっかりと調べておくことが大切ですしデリケートゾーンの脱毛はお店により施術範囲が異なっているので、事前によく確認しておきましょう。
またご自身がどの部位の脱毛を行いたいかも重要ですね。Vラインだけ受けたい、IOラインだけでいいといった希望をしっかりとエステ店のスタッフにも伝え希望していた脱毛施術を行ってくれるお店を探しましょう。

顔の永久脱毛をしたい!

今したい永久脱毛は顔をしたいなと思います。一番したい部分は眉毛です!!眉毛って忘れているうちにいつの間にか生えていて抜くのも失敗すれば痛いし赤くなってしまって見栄えが悪くなります。あとは眉毛の形が一定になっていないのでいつも形が違うかったり左右不揃いで不細工なことになってしまいます。でも眉毛の永久脱毛を行うと理想的な眉毛にしてくれてそれがずっと続くのは本当に便利でありがたいです。毎日の化粧時間も短縮されるように感じます。次は口周りの毛ですかね。男性みたいに濃くはないですが長くなってくると気になってしまいます。自分でシェービング行いますが、顔は皮膚がデリケートなのですぐに赤くなったりして後悔してしまいます。産毛も同様です。自分でお手入れするには難しいです。なので永久脱毛を行いきれいな顔を手に入れたいです!!デメリットとして痛みを感じやすいもがあると思いますが多少なら我慢もできると思います。少しの我慢で永久的なきれいが手に入るとしたら最高ですよね♪

カミソリでのムダ毛処理について

ムダ毛処理法の一つであるカミソリ。
カミソリは手軽にできる上にお金もあまりかからない処理法です。
なので子供のころからカミソリで処理しているという人も多いでしょう。
しかしカミソリでの処理は、簡単ですが肌に傷がつきやすい処理法でもあるのです。
処理の仕方を変えるだけで肌トラブルを防ぐことが可能です。
きちんとした処理法で処理していくようにしましょう。
処理する際は、肌が柔らかい状態であることがたいせつです。
お風呂場でしっかりと温まってからの処理が望ましいですね。
また油分を加えておくと、肌の角質を守る効果があります。
剃るときはシェービングフォームやジェルなどを塗っておきましょう。
何もしていない肌にカミソリをあてると、肌に直に刃が当たってしまうので
傷んでしまいます。
カミソリで剃る前に油分を与えた人は、使用後のカミソリを捨てるようにしてください。
油分がついたカミソリを使用すると、肌トラブルがおきてしまいます。
処理後は保湿成分の入った化粧水やクリームなどをたっぷりと塗ってあげてください。
処理後の肌は敏感になっているので、低刺激のものがおススメです。

ハイジニーナをうける!

ハイジニーナ脱毛経験者のほぼ全員が恥ずかしいのは最初の一回だけと言います。そしてハイジニーナ脱毛をしていてよかったといったことを多くの方が実感していて、ハイジニーナ脱毛に興味があってデリケートな部部を他人に見せるのが抵抗がある人でもおすすめできるです。そして、ハイジニーナ脱毛はサロンによっては、VIO脱毛と呼びますが、ハイジニーナ脱毛御としてセットになっていなくて、各種のラインをそれぞれチョイスしてみるところもあります。また、部位別になれば料金が割高になってくることがありますから注意しましょう。そして安いと言っても回数が他より少ないといった特徴がありますから、料金だけを見るのではなく、回数をしっかりと調べてみましょう。そして保証期間もサロンいより異なりますから、契約するときにはしっかりと確認しておきましょう。またハイジニーナ脱毛の一番のデメリットはアンダーヘアが再生できないことで、IラインやOラインであれば、あまり後悔することがないですが、Vラインとなると別問題なのです。